感染しないための性病講座

Pocket
Buzz This
Share on GREE
LINEで送る

防ぐことができる病気が性病です。人間であれば必ずセックスに直面することになり、そう考えると誰でも罹患する可能性がある病気になります。感染しないための対策と、感染してしまった時の改善策を知っておくことが大切です。

性病を防ぐ方法

セックスをしないことが完璧な対策になりますが、それを守ることなんて人間にはできないでしょう。年頃になれば異性に興味を持ち、身体を求めるようになりますので、完璧に性病を防ぐことは困難です。せめてもの対策はコンドームを使うことになります。多くは避妊を目的として啓発されていますが、性病にも大きな効果があります。避妊を最初に考えることが多く、ピルなどを用いるカップルがいますが、そのようなものでは性病を防ぐことができません。接触によって感染を引き起こしますので、コンドームの着用が対策になります。また不特定多数とセックスをしないことも大切です。知らない人とのセックスは、それだけリスクが高まることを知っておきましょう。これだけは守ってほしい対策です。

こんなケースでも性病になる

挿入が感染を引き起こしますが、オーラルセックスでも感染する可能性があります。淋病やクラミジアは特に口腔感染があります。検査も口腔内の菌を調べる必要があります。まだ挿入までしていないけれど、オーラルセックスをした経験がある人は、性病に感染している可能性があることになります。特に女性の感染が多いです。

セックス以外でも感染する?

セックスで感染するのが性病ですが、それ以外にも感染するリスクがあります。主にヘルペスや膣トリコモナス症、カンジダ症がそれにあたります。セックスまでしていないでもキスだけでヘルペスは感染しますし、膣トリコモナス症は下着やタオルから感染する可能性があります。またカンジダは真菌や細菌のバランスが崩れると引き起こされる症状です。セックス以外でも感染する可能性があることを知っておきましょう。

感染してしまった場合

医薬品を服用することで比較的簡単に治療することができます。クラビットも良く使われる医薬品であり、膣トリコモナス症やクラミジアでも効果を発揮します。ただし使い方が難しいですので、医師の指示を守りましょう。

罹らないための対策をとって防ぐことが大切です。罹らないようなセックスを心掛けるようにしてください。

Pocket
Buzz This
Share on GREE
LINEで送る